減胎(減数)手術をしている病院(クリニック)はここ

妊娠を確認して、双子以上であった場合には喜びの反面、不安もあることでしょう。そして、1人だった産めるし、育てられるのに・・・と考えるかもしれません。

双子を育てることに不安がある

双子ではなく、1人の出産・育児でも経済的・精神的・体力的な不安があります。それが双子となると、本当にどうしたら良いのかと悩んでいろいろと情報を調べていることでしょう。

減胎手術

減退手術とは、コトバンクに以下のような説明があります。

多胎妊娠において、妊娠初期(通常は妊娠10週前後)に母子の安全性を考慮して一部の胎児を中絶する手術。減数手術ともいう。手技としては、超音波画像を手がかりに中絶する特定の胎児の胸腔(きょうくう)内に塩化カリウムを注入し心停止させる方法が多くとられる。中絶により死亡した胎児は融解しそのまま子宮に吸収される。排卵誘発剤や胚移植による体外受精をはじめとする近年の不妊治療(生殖補助医療)の進歩にともなって多胎妊娠は増加傾向にあり、それと同時に複数の胎児を減らすケースが報告されるようになった。
 減胎手術の是非については、対象を三胎あるいは四胎以上の妊娠の場合とするなどの議論や、法的規制の必要性、遺伝子診断も含めた倫理的問題などについても多くの議論がある。しかし現状の母体保護法では、人工妊娠中絶に関する規定はあるが、減胎手術についての規定はない。
 2000年(平成12)に厚生労働省の厚生科学審議会が減胎手術を原則禁止とする報告をまとめたが、多胎妊娠の予防措置を講じたにもかかわらず、やむを得ず多胎となり母子の生命健康に危険が及ぶ場合は例外的に認めることとされた。日本母性保護産婦人科医会は、多胎の減胎手術に限り中絶を認めるとする法の整備を提言したが、法制化には至っていない。
 減胎手術は、母体の安全をはかるためなどの理由があるとしても、あくまでも宿った生命の一部を失わせる手技であり、生命倫理の問題を避けて通ることはできない

コトバンク

減胎手術をしている病院(クリニック)の情報

SMC諏訪マタニティークリニック

病院(クリニック)名SMC諏訪マタニティークリニック
住所長野県諏訪郡下諏訪町矢木112-13
電話番号0266-28-6100 / 0266286100
診察時間8:30~11:30
休診日土曜日・日曜日・ 祝祭日・年末年始・お盆・創立記念日(8月1日)
SMC諏訪マタニティークリニックの公式サイトhttps://e-smc.jp/

湘南レディースクリニック

病院(クリニック)名湘南レディースクリニック
住所神奈川県藤沢市鵠沼花沢町1-12
第5相澤ビル5階6階
電話番号0466-55-5066 / 0466555066
診察時間9:30~12:30、15:00~19:00
休診日土曜日の午後・日曜日の午後・ 祝祭日
湘南レディースクリニック の公式サイトhttp://www.shonanlc.com/index.html